企業カウンセラーの駄文

企業内カウンセラーが、主にメンタルヘルス関連の労災とその予防について、ぼちぼちと更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早野龍五・糸井重里著「知ろうとすること。」購入

0   0

知ろうとすること。 (新潮文庫)知ろうとすること。 (新潮文庫)
(2014/09/27)
早野 龍五、糸井 重里 他

商品詳細を見る

福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、早野先生のツイートには非常に助けられたという人が多くいます。もちろん、僕もその一人。神奈川の仕事をやめて、福島に来る上での放射性物質の知識やその時点である情報での冷静な判断などはとても参考になりました。

早野先生は学校給食の陰膳検査や子どもの内部被曝測定機器BabyScanの開発なども手がけていますが、これらの検査システムを作る動機や目的が非常に明快だった。そして、BabyScanを「科学的には必要のない機会だけれど保護者との大事なコミュニケーションツールである」と捉えているところが、とても重要だと思う。
僕は一人の相互作用を重視する心理士として、早野先生のこれらの考えに感銘を受け、とても勉強になりました。

ぜひとも、いろいろな人にみていただきたいと思います。文庫なので安くて、薄い(でも内容は厚い)おすすめの本です。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://denkiti.blog61.fc2.com/tb.php/1317-13290fd4
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。