企業カウンセラーの駄文

企業内カウンセラーが、主にメンタルヘルス関連の労災とその予防について、ぼちぼちと更新しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスチェック制度を知るには

0

business_stress_check_paper.png


ストレスチェック制度について、これからこのブログで紹介してまいります。
いろいろなEAP業者などがストレスチェック制度の外部委託業務に取り組んでいるようですが、値段が非常に高かったり問題もあるようです。

今回は、このブログで取り上げる前に、「ストレスチェック制度を理解するために、まず何をすべきか」について、ご紹介したいと思います。

一言にまとめると「厚生労働省のサイトをチェックする」だけです。
厚生労働省のポータルサイト「こころの耳」というものがあるのですが、ここの情報がかなり充実しております。
特にストレスチェック制度については、非常にしっかりとかかれて降りますし、マニュアルなども充実しております。

こころの耳:改正労働安全衛生法のポイント(ストレスチェック制度関連)

ここには、マニュアルはもちろん、実施ツール(ストレスチェックの質問表)などがそろっており、一通り目を通せば、ストレスチェック導入→実施→事後フォローまで全て出来るようになっています。
昨年でしたが、労働安全衛生法が改正されストレスチェック制度導入が決まった後に、ある産業医と話しました。その際に、「厚生労働省が導入するのだから、企業に負担がかかるようなことはしないはず。手間隙はさておき、お金がかからずに実施できるはずだ」とおっしゃられていました。
まさにそのとおりになりましたね。

とはいえ、マニュアルも丁寧であるがゆえに、かなりなボリュームですしメンタルヘルスに関する取り組みをこれまで積極的に行ってこなかった企業(担当者)にとっては非常に重荷になるのではないでしょうか。

そこで、次回からストレスチェック制度の導入から事後フォローまで、厚生労働省の資料を用いながら、私なりにわかりやすく説明をして行きたいと思います。

疑問などがありましたら、コメント欄でもかまいませんし、メールでもかまいませんのでお気軽にお聞かせください。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。